ページイメージ

福祉用品購入

介護保険による特定福祉用具の購入「要介護度ごとの毎月の利用限度額とは別に、毎年10万円を上限枠とした特定福祉用具の購入が1割負担でできます。」 「腰掛け便座」毎日、気持ちのよい排泄をするということは、療養中の方にとってはとても大切なことです。それぞれの身体の状態に合った、使いやすいトイレ用品を選ぶことは、自立への貴重な第一歩です。 「特殊尿器」尿または便が自動的に吸引されるもので老人または介護者が容易に使用できるものです。 「入浴補助用具」入浴に際して座位の維持、浴槽への出入りなどの補助を目的とする用具です。入浴用いす・浴槽用手すり・入浴用介助ベルトなどがあります。 「移動用リフト」移動用リフトのうち、実際に利用者の身体を包んで支え人体に接する部分が介護保険の適用で賄えます。

このページのトップへ HOMEページへ