ページイメージ

商品管理について

安全で衛生的な福祉用具を選びましょう

介護保険制度における福祉用具の利用は、貸与(レンタル)という形態がとられています。福祉用具は基本的に再利用されるので、使用後に回収され、下記のような流れを経て、再び新しい利用者の元へと届けられます。レンタル利用後の福祉用具には、大腸菌やヒゼンダニなどの有害な菌や微生物等が付着している場合があります。平成メディカルでは回収、洗浄、消毒、保管、納品といった一連の作業工程の中で具体的な基準(マニュアル)を作成し万全な洗浄・消毒・メンテナンス・保管体制に努めていますので安心してご利用いただけます。
特に消毒ではオゾン消毒の設備を整えております。オゾン消毒は有害ガスを発生させず強力な殺菌効果をもち、消毒対象物に残留しないため安全で環境にも優しい消毒方法です。

安全で清潔な福祉用具を提供
福祉用具の消毒の流れ[利用者]→[回収]→[点検]→[洗浄]→[消毒]→[保守点検]→[保管]→[納品]→[新しい利用者]
「点検作業」「洗浄作業」「消毒ルーム」「保管倉庫」

「点検作業」「洗浄作業」「消毒ルーム」「保管倉庫」

「点検作業」「洗浄作業」「消毒ルーム」「保管倉庫」

「点検作業」「洗浄作業」「消毒ルーム」「保管倉庫」

このページのトップへ HOMEページへ